売り場がすべて

録画していたNHK「プロフェッショナル」の増田宗昭さんの特集を見た。
TSUTAYAの社長さんだ。

「新発売」かどうかわからないCD

f:id:liteman2015:20151107035637j:image

番組の中で、代官山TSUTAYAを訪れた増田社長は、新発売のCDを見て「新発売ってどこでわかるの?」と突っ込んでいた。増田社長は、「うるさい客」をやっているわけだ。

増田社長は番組の冒頭でTシャツ、ジーパンのラフな格好の理由を聞かれ「お客さまの気持ち」になるため、と言っていた。客がクレームにしない、声に出さない不満を出して上げているわけだ。

売り場がすべてなんだよ

f:id:liteman2015:20151107035702j:image

TSUTAYAグループは、2000億円規模らしい。2000億円規模の会社の社長が店舗の新発売のCDが「新発売」とわからないことにまで注意を向けなければならないのだ。

「そんなことまで?」と思うかもしれない。
だが、それは「そんなこと」ではなく、めちゃくちゃ大事なことなのだと思う。

f:id:liteman2015:20151107035657j:image

だって、本社の会議室など、お客さまは興味ない。売り場に行って、そこが快適か、親切か、楽しいか、それしか興味がない。当たり前だろう。自分が客のときは、そう思ってるはずだ。

お客さまには関係ないのだ。商品、価格、売り場、その見えているものすべてしか。

f:id:liteman2015:20151107035647j:image 

言い訳はどうでもいいから、商品・売り場・価格がすべて

商品企画などのとき、よく思うことがある。会議や自社の都合で「できない」となると、関係者は「できないんだよなぁ」で終わる。

で、その商品が売れなかったり、お客さまから意見や改善案がくると「でも、〇〇の理由でできないんだよ(素人にはわからんだろうが、的なニュアンス)」と裏側で言い訳する。

自分もそういうことを言ってしまうがゆえに、チクリと心が痛む。

お客さまにとって会社や取引先の都合なんて「関係ないじゃん」
お客さまに見えているもの=商品、売り場(売り方)、価格
しか、お客さまには関係ないのだ。

だから、「それ」にすべてを結実させなければならない。

 

TSUTAYAの謎

TSUTAYAの謎

 

 

Gmailの予約送信

f:id:liteman2015:20151107031851p:plain

ガラケー時代に「予約送信」という機能があって便利だった。
Gmailを会社で使用している。Gmailでも予約送信できないのか、検索したらすぐに出てきた。

enjoy.sso.biglobe.ne.jp

夜中に仕事していたり、外出先でメールを作ったり、そういうときに「こんな変な時間に送るのもなー」と躊躇することがある。かといって次の日になると忘れていたり…

Right Inbox for GmailChromeのアドオンで予約送信ができるアプリ。
他にも、「返信がなかったときだけ、リマインドメールを送信」などの機能もあるようだ。

返信が来るかどうか不安な相手のメールは受信トレイに保存するなど、工夫をしていたが(それもかなりめんどくさい…)、これはいいアプリを知った。

というか、なんでもググってみるものだ。いまどき、たいていのことができる。

刀と鞘:モノと収納


photo by KitosRD

モノと収納について考えるとき、連想するのは「刀と鞘」です。
刀には鞘が必要なように、モノには収納が必要です。

モノがモノを呼ぶ

モノが増えると、自動的に収納や付属品が増えます。 連鎖的です。
逆にモノが減れば、連鎖的に収納や付属品もなくなります。

本には本棚

  • 本→(収納)本棚 (付属品)転倒防止グッズ
  • プリンター→(収納)プリンター置き (付属品)電源ケーブル、USBケーブル、インク、プリンタ用紙
  • iPhone→(付属品)充電ケーブル、ケース (連鎖的付属品)ケーブルをまとめる結束バンド
  • 服→(収納)衣装ケース、タンス、チェスト、WIC (付属品)ハンガー(連鎖的付属品)アイロン、ブラシ、衣類用クリーナー(コロコロ) 、防虫剤
  • 靴→(収納)靴棚(付属品)シューツリー、靴磨き、防臭剤、靴箱
  • テレビ→(収納)テレビボード(付属品)電源ケーブル、アンテナケーブル(連鎖的付属品)ブルーレイレコーダー、外部スピーカー
  • ベッド→(収納)部屋(付属品)ふとん乾燥機、ふとん掃除機(連鎖的付属品)ふとん乾燥機を入れる納戸!
  • 食器→(収納)食器棚(付属品)洗剤、食器乾燥機、キッチンハイター、ふきん

モノを買うときは、収納もセットで考える

「収納」ももちろんそうですが、それを管理する道具や手間(時間)も、モノには付随します。
モノが多いくないと不安な人は、もしかするとモノを管理する手間に謀殺されることで、時間を潰しているのかもしれません。

男子生涯/一事成足/是敢身辺/単純明快

男子は生涯一事をなせば足る。
身辺はあえて単純明快にしろ。

司馬遼太郎坂の上の雲』の秋山好古の言葉です。NHK阿部寛が演じてましたね。
1つの茶碗で兄・好古が酒を飲み、弟・真之がめしを食うシーンです。

ミニマリストならずとも、男子がシビれるシーンですが、悲しいかな。
自分には「生涯」の「一事」が見つからないことです。だから、何かを埋めるべくモノが増殖するのかもしれません。

モノを減らせば、生涯の一事は見つかるのでしょうか。

モノを捨てたい発作【雑誌】

liteman2015.hatenablog.com

「本」は再入手がまだしやすいが、「雑誌」はどうするか…
という問題に直面しています。

I like magazines

雑誌が好きです。

一時期は、20誌ぐらい定期購読してました。
ファッション、インテリア、カルチャー、経済など…

雑誌という存在に愛着がある

雑誌も電子化が進んでおり、最近は本屋で買うことも少なくなりました。
しかしお気に入りの雑誌が捨てられず悩んでいます。

サイズ感や紙の質感、「雑誌!」って感じの存在感が好きなんですね。
特に若いころに買った雑誌はモノとしての愛着があります。においとか?

どうするか迷ってますが、とりあえず他の捨てれそうな「本」から処分します。

POPEYE (ポパイ) 2014年 03月号 [雑誌]

POPEYE (ポパイ) 2014年 03月号 [雑誌]

GINZA (ギンザ) 2014年 06月号 [雑誌]

GINZA (ギンザ) 2014年 06月号 [雑誌]

モノを捨てたい発作【本】

seizure of wanting discarded mono

モノを捨てたい発作がでたので、しばらく捨てモードになります。


文房具
服・靴・カバン
家具
ガジェット

iPhoneのアプリ
HD内のファイル
DM(ダイレクトメール)

…など

「捨てる」ための理論武装をメモしておきます。 とりあえず、本について。

本を捨てる理由

  • Amazonがある。Kindleがある。
  • 本屋をお金で本を借りられる倉庫と思えばいい。
  • で、その本いつ読むの?
  • いますぐ、読みたいのでなければ、とりあえず捨てよう。また欲しくなれば買えるさ。
  • 「あの本がない」「あの本が読みたい」と思ってからでも遅くない。
  • 「読んでない本」のプレッシャーから解放される。 f:id:liteman2015:20151103220936j:plain